7月22日のNHK Eテレのチョイス@病気になったときにて「30代から要注意!痛風」について放送をしていました。間違って覚えてしまっている痛風の知識を見直し、健康な体を手にしましょう.

 

痛風はいったいどういう病気?

何らかの原因で尿酸が固まり、脚の親指の付け根などを刺激し、炎症などが起きてしまいます。

尿酸が増え続けると皮膚の下にも固まり、関節が変化する痛風結節という恐ろしい病気になります。

 

こうなったら大変です。靴も履けず、歩けない状態になってしまいます。

尿酸はどうなったら危ないのか?

スポンサードリンク



尿酸値が7.0㎎/dLを超えると高尿酸血症となります。

また、女性は女性ホルモンが尿酸値を抑えてくれるため、男性の方が痛風になりやすいです。

痛風の治療方法は?

痛風の治療はまずは痛み止めを飲むことから始まります。

続いて、尿酸値を下げる薬を飲み続けることが必要になります。

 

痛風というのは笑い話になるような感じの病気ですが、実はかなり恐ろしい病気になります。

痛み止めを飲むことで、痛みが少なり、尿酸値を下げる薬を飲むことを怠ったりしますが、実は腎臓にも負担は続いています。

そして、腎臓は一度壊してしまっては治らないとのこと。

 

すごく注意が必要な病気です。

 

80種類の酵素をとることができる青汁

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

フレッシュフルーツ青汁で理想のカラダを目指す。

 

結晶化した尿酸が消えるまでには2~3年はかかる病気なので、しっかりと時間をかけて治す必要があります。

また、痛風は中年がなるようなイメージがありますが、20代でもなる病気なので、自分は大丈夫という考えは改めたほうが良いですね。

 

また、尿酸値が高い状態が続くと、結果的に動脈硬化につながり、かなり生活習慣を考えなければなりません。

尿酸値を克服するチョイスとは?


尿酸値が高く、痛風になった方の問題の原因のひとつが、食事の方法でした。

 

注意しなければならないのが、プリン体の多いものは取らない事が重要です。

やはり、肉中心の食生活は危険です。

また、プリン体は水に溶け安いので、お肉を食べるときには一度茹でてから調理をすると良いとのことです。

 

また、やはり肉中心の食生活ではなく、野菜中心の生活をした方が良いですね。

尿酸値を下げるためにお水をよく飲もう

尿酸は腎臓を通しておしっこで流れていきます。

そのため、尿酸値を低くするためには水分を良く取ることが重要です。

お水をたくさんとって、おしっこで流すという考えです。

 

だいたい、1日に1.5L以上のお水を取ると良いとされています。

もちろん、ジュースとかではなく、純粋なお水です。

 

それにしても、野菜も多く取らなければならないし、お水も多く取らなければならないとか、健康管理にはかなり注意が必要です。

でしたら、野菜と一緒にお水もとれるようなもな青汁などを摂取すると、野菜も摂取できお水も取ることができるのでお勧めですね。

 

80種類の酵素をとることができる青汁

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

フレッシュフルーツ青汁で理想のカラダを目指す。

 

チョイスでわかった痛風対策とは?

一度痛風になった場合、完治させるためには薬を飲み続ける、病院に通い続けることが重要になってきます。

重要なことは、病気になる前の予防です。

 

予防をすることで、結果的に金銭的にも負担が無くなります。

自分のカラダは自分の意識で改善していきましょう。

 

80種類の酵素をとることができる青汁

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

フレッシュフルーツ青汁で理想のカラダを目指す。