2017年2月7日19時からテレビ朝日系にて『林修の今でしょ!講座』3時間スペシャルが放送されていました。その中で、近年増え続けているアレルギーについて適切な最新の予防方法を公開していましたのでまとめました。一度アレルギーになってしまうと大変なので、今のうちから予防を心がけましょう。

 

食物アレルギーは食べるよりも〇〇〇方がなりやすい?

スポンサードリンク



unspecifiedBXD717QJ

番組内で言われていたことは、食べ物アレルギーは食べてなるよりも、触れてなるほうがアレルギー発症の可能性が高いそうです。

確かに、触るとダメだけれども、食べることはできるという方はかなりいるかと思います。アレルギー物質に直接触れることで、体の皮脂の下にアレルギー物質が雑菌と一緒に入り込み、アレルギー反応を起こすきっかけになります。

茶のしずく石鹸などによる小麦アレルギーも体外接種によるもの

2011年5月には小麦加水分解物含有石鹸である『茶のしずく石鹸』が、体外からマイクロレベルで小麦を摂取させたことにより、多くの小麦アレルギーの方を生み出してしまったと問題になっています。

ご自身で同じ悲惨な事故を起こさないためにも、

食べる<触れる ことの方がアレルギーになりやすいということをしっかり頭に入れておきましょう。

アレルギーになると他のアレルギーにもなりやすくなる?

スポンサードリンク



実は一度アレルギーになってしまうと、他のアレルギーにもなりやすい体になるそうです。また、近年のストレス社会により、成人になってからでもアレルギーを発症するケースも多くなってきています。

そのため、自分は大丈夫という考えを改め、なるべくアレルギーになりづらくする生活を送ることが大変重要になってきます。

いまや、日本国民の2人に1人が、花粉症・気管支喘息・アトピー性皮膚炎などのアレルギーを持っているといわれています。予防こそ大切ですね。

アレルギーを予防する食べ物があった?

unspecifiedYM3371SY

なんと、昨年の研究結果によると、アレルギーになりづらくする食べ物が発見されました。それは、私たち日本人に馴染みの深い昆布(コンブ)です。

昆布に含まれている成分のうちのTレグ細胞がアレルギーを起こしづらくする細胞だということがわかっています。

このTレグ細胞というのは、アレルゲンを抑え込む力を発揮することがわかっています。

食べ過ぎは禁物ですが、週に2 ~3日ほど『おぼろ昆布』等をお味噌汁などに入れて摂取するようにしましょう。

テレビで紹介されていたので、こちらはすぐに完売するかもしれません。

アレルギーを予防する〇〇〇〇〇〇とは?

赤ちゃんを対象に研究をしたところ、体に保湿クリームを塗ることで、アトピーの発生率を3割以上も抑えたという報告があります。

皮膚が感想をすると、外部から異物の侵入を防ぐバリア機能が低下してしまうため、乾燥肌の方は保湿クリームを塗ることでアトピーをはじめとしたアレルギーを予防することができるようです。

成人に注意!アレルギーを起こしやすくする生活とは?

今までアレルギーなんてなかったのに・・・または成人をしていてもアレルギー体質になってしまったという方は近年多くなってきています。その原因の一つが睡眠不足

過度の仕事やスマホのいじりすぎで寝不足になっていませんか?

実は睡眠不足が原因で、体の皮膚の組成が行われにくくなり、アレルギーを発症しやすくなっているという報告が出ています。大切な自分の体です。十分にいたわってあげましょうね。

お願いランキングで1位を取得した安眠製品。

スポンサードリンク