12月14日NHKのガッテン!にてネギスペシャルを放送していました。その特集されていたネギですが、インフル・肺炎・ガンにも効果的だということがわかっています。ただし、摂り方にもポイントがありましたので、備忘録としてまとめました。

スポンサードリンク


ネギの匂いが体の体温を上げる?

体の体温を上げることが病気の予防になることは広く知られてきました。そして、ネギの香りには体温を上げる働きがあります。ネギを食べるよりもネギの香りが体温を上げるそうです。

体温を上げる効果があるのは、ネギを刻んだときにでるアリシンという物質が働き体温を上げてくれます。番組内の実験でもネギの香りを嗅いだだけで体温が1度上昇しました。

img_0400

また、中国でSARSの被害がなかった地域もまた、ネギが特産として有名な地域でした。そして、現地で食べられていたのはネギの生かじり。ネギは温度が高いとアリシンが壊れてしまうので、体温を上げる効果は減ってしまうので、生で香りを嗅ぐと効果が高いです

昔の日本人のように、ネギに刻みを入れて、手ぬぐいで巻き、首に巻くことで、ひき始めの風邪に効果的です。

スポンサードリンク



img_0401

ネギの汁で肌を傷めないように手ぬぐいなどで気あんだネギを巻きましょう。

免疫力が高まるネギの食べ方、調理の仕方とは?

ネギには肺炎・インフルエンザ・ガンに対抗する免疫力を強くする効果があります。その中でも、ある食べ方で体内のIgA抗体は1.5倍、マクロファージ5倍、ナチュラルキラー細胞3~4倍になることがわかりました。

ネギの粘液(ヌルと呼ばれています)に免疫を活性化できる物質があることがわかっています。それではヌルはどこにあるかというと、新鮮なネギの青い部分を割った中に入っているとろりとした成分です。

img_0402

乾燥している青ネギの部分であっても水でぬらすととろみが出てきますので、ぜひ生でお召し上がりください。

スポンサードリンク



鮮度を保つネギの保存方法について

ネギは使用しようと思ったら劣化してしまっっていたりしますよね?そんなときに劣化しづらい保存方法は、冷蔵庫のチルド庫に真摯で巻いて置いておく方法です。適宜カットしても構わないので、新聞紙に包み保存をしてみましょう。また、チルド庫に保存することで甘み成分が増すこともわかっています。

スポンサードリンク