11月16日のNHKで放送された探検バクモンがかなり面白かったので、まとめてみました。今回の探検バクモンは築地場外市場特集をしていました。小池都知事のおかげで新築地市場移設が延期?になりましたが、築地場外市場はどっちにしろ残るそうです。来場者数年間一千万人!人気の秘密がわかりました。

出演者 爆笑問題、ボビー・オロゴン、サヘル・ローズ

スポンサードリンク



築地市場は結局どうなるのか?

%e6%8e%a2%e6%a4%9c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%af%e3%83%a2%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f

引用https://www.youtube.com/watch?v=nlhtyO7FSFM

 僕はてっきり同じ組合でやられているのかと思いましたが、築地市場と築地場外市場とでは別の組合とのことで、築地が移転決まったとしても、築地場外市場は移転しないで、現状の素人からプロまで楽しめる商店街作りをしていくそうです。

%e7%af%89%e5%9c%b0%e5%a0%b4%e5%a4%96%e5%b8%82%e5%a0%b4%e5%9c%b0%e5%9b%b3

引用http://www.tsukiji.or.jp/walk/map/

(クリックすると拡大します。)

今回、バクモンで面白かったのは、築地場外市場の商店街が昔からある商店街だったということです。今、僕たちがお魚やお肉や野菜を買うのってスーパーとかですよね?切り身がパックされて売られ、夕方になると半額セールみたいな感じで。

築地場外市場で出ていた魚屋さんはもちろん、そんなところではなく、昔ながらの魚屋さん。

「今の時期はこのサンマがうまいよ!クチバシが黄色いのが新サンマ、脂がのっているから塩焼きが一番!!サンマの刺身は切り方で味が変わるんだ!!」

こんな会話なんて、僕らはもう忘れてしまいましたよね。

もちろん、安くて美味しいものを食べることができるようになりましたが、それとは引き換えに食材に対する知識もなくなり、おいしい食材を扱っている方との誇りある会話もどこかに起き忘れてきたような気がします。スーパーはすごく便利なんですけれどもね。食材を知らない子供たちはこんにゃくが海で泳いでいると思っている子もいるそうです。

全てにおいて合理化している日本において、昔ながらの日本を感じることができるからこそ、築地場外市場は海外旅行者にも人気なわけですね。

お店の誇り高き職人の方々は、わからないことがあれば、遠慮なく聞いてくれと。その人にあったレベルで話すことができるプロの方々でした。

家族や恋人と遊びに行くと面白そうですね。日本中からおいしい食材が集まる街なので、ご飯を食べてもハズレはないですからね。

探検バクモンで出ていた煮干屋の正しい昆布ダシのレシピ

スポンサードリンク



日本食がここまで世界中で絶賛される理由の一つがダシの文化です。そして、煮干屋さんが教えてくれた正しい、超おいしい昆布ダシの作り方は・・・ほとんどの人は間違って作っていますねー。

 

 

煮干屋が教える正しい昆布ダシの作り方レシピ

水1Lに対して昆布20gを入れ1日起きます。

以上!!

 

 

うまい昆布だしは水出しが1番!!そして、量は20gで覚えてくれとのことです。

昆布を水出しするときは、軽く水洗いをして汚れを落としてからつけましょう。冷蔵庫保管で。

 

昆布はワインのように寝かせることでウマミが増すそうです。煮干屋さんには4年ものの昆布がありました。うまそー!!ただし、正しい管理をしないとカビが生えるので注意!!

 

他にも包丁屋さんや昔ながらの魚屋さんが出ていました!

たまに探偵バクモン面白い特集をやっているので、チェックしておくことをお勧めします。

 

時間がなかったり、見忘れた〜って方は携帯でも見逃しを見ることができます。

 

👉 見たい番組を見逃してしまったときは

 

時間は有効に使ったほうがいいですね。

 

スポンサードリンク