こちらの記事は書きかけ中です。

ガッテンの10月26日放送で、大腸ガンを防ぐ方法を放映しました。

日本人の肉食化が増えており、大腸ガン患者も増えているので、必要な情報と言えます。

 

ゲストは山根千佳、つるの剛士、島崎和歌子。

 

大腸ガンは死亡率1位のガン

スポンサードリンク



毎年、大腸ガンによって、毎年5万人が命を落としているそうです。そんな日本で急上昇中の大腸ガンですが、ある方法で検査をすると、大腸ガンになりやすいか、大腸ガンになりにくいかが1発でわかるそうです。

 

そして、大腸ガンにならない体も作ることができるようです。

 

便秘の山根千佳がやっているある運動とは?

 

大腸ガンの検査で3つのものが得られます。

スポンサードリンク



大腸ガンの検査(大腸内視鏡)をすることで、

・ごはんがおいしくなった。

・お肌がキレイになった。

・体重をキープしやすくなった。

 

大腸内視鏡検査をすることで、便秘が治るそうです。

また、重度の便秘の方(1週間に1回程度の方)も2日に1回の頻度に軽減するようになった方もいらっしゃるそうです。そして、ゲストのつるの剛士さんも便秘が治ったとのこと。

 

なぜ大腸内視鏡検査で便秘が治るのか?

市販をされていない下剤を2Lほど飲むので、大腸内を完全になくすことで、便秘が治るそうです。また、現在の下剤はスポーツドリンクのようなものなので、おいしく飲むことができるそうです。

 

大腸ガンにならない体にする青い液体とは?

スポンサードリンク



胃ガン、肺ガンを抜かし、日本人の死亡率1位になったガンの大腸ガンですが、自覚症状が無いため、気付いた時には手遅れになってしまう可能性もあるそうです。

 

そして、大腸ガンは大腸内視鏡検査の際に、青い液体を吹きかけることで、向こう5年間は大腸ガンになることは無いそうです。

 

実は青い液体の正体はカキ氷につかうシロップと同じもの。

 

このシロップを大腸内のポリープにかけることで、ガンになりやすいポリープ、ガンになりにくいポリープがわかり、初期治療をすることができます。

 

初期治療では、ガンになりやすいポリープ、せんしゅ(腺腫)と言うものを見つけることができ、その場で焼き切ることができるようになりました。

 

また、せんしゅ(腺腫)があるかどうかは50代ぐらいで出てきやすいとのことですが、40代で一度、大腸検便検査(便潜血検査)を受けておくことが重要です。また、大腸内視鏡検査を受けた場合はお医者様に腺腫があったかどうかをしっかり聞くようにしましょう。

 

また、お酒、タバコ、運動をしていない人の場合は、だいたい半分の割合で腺腫を持っていると思った方が良いそうです。また、今回の5人のモニターの方からは4人も腺腫があることがわかりました。

 

大腸ガンの予防にいいのは◯◯

スポンサードリンク



大腸ガンに最も予防できるものは運動だそうです。運動をすることで、大腸が動き大腸ガンを予防できるようです。ジョギングやウォーキングが予防に効果的で、最も効果的なものは社交ダンスとのことです。

 

便潜血検査で重要なことは?

大腸ガンの検査をする上で重要な便潜血検査ですが、季節によっては発見率が下がります。採血度30度を越えるところに置いておくと、検査したものが変化してしまい、正しい検査ができないため、検査したものは4度くらいに保つようにしましょう。(冷蔵庫が良いそうです笑)

 

また、便潜血検査は1回の検査では45%の発見率ですが、1年目、2年目、3年目、4年目と受け続けることで検査の精度は100%に近くなります。大腸ガンは進行が遅いガンなので、数年かけて検査を続けることが重要とのことです。

 

大腸内視鏡検査で楽な検査の仕方とは?

大腸内視鏡検査がつらくなるのは、内視鏡が入るときに緊張してしまい、大腸が収縮して苦しくなるそうです。その収縮を軽減するのは実は簡単にできます。それは目をつむることです。目をつむることで大腸の緊張はとれ楽に大腸内視鏡検査を受けることができるそうです。

 

大腸内視検査で便秘は治るそうですが、なかなか検査に行くことは難しいですよね?先日、便秘の簡単な改善方法を公開していたので、便秘でお悩みな方は下のリンクをごらんください。

 

便秘の山根千佳がやっているある運動とは?

 

スポンサードリンク